登場人物紹介

【新入社員A君】
マンション管理会社に今年入社した新入社員。業界のことも実務のことも、わからない事ばかり。そんな中、課長からの指示で、管理業務主任者試験に挑戦することに!

【先輩社員B主任】
新入社員A君の頼れる先輩。管理業務主任者としてバリバリ活躍していて、これから資格取得を目指すA君に対して、さまざまなアドバイスをしてくれます。

管理業務主任者の仕事とは?

【新入社員A君】
そもそも管理業務主任者って、どんな資格なんですか?
【先輩社員B主任】
この業界に入ってまだ日の浅いA君に、馴染みがないのも仕方ないかもしれないね。管理業務主任者というのは、2001年に創設された、比較的新しい国家資格なんだよ。
【新入社員A君】
管理業務主任者って、国家資格だったんですか?
【先輩社員B主任】
実施団体は、社団法人高層住宅管理業協会というところなのだけれど、管理業務主任者は「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」という法律によって定められた、れっきとした国家資格。
不動産仲介業を営むうえで宅建が必須の資格であるのと同じように、マンション管理業を営むうえでは、管理業務主任者は必須の資格になっているんだよ。そこからも、この資格の重要性がわかるだろう?
【新入社員A君】
重要性についてはわかりましたが、でも実際に、管理業務主任者はどんな仕事をするんですか?
【先輩社員B主任】
管理業務主任者は、管理組合から受託して仕事を行うんだ。
なので、どんな仕事をするかについては、契約内容によって管理組合ごとに違ってくるのだけれど、最近では「全面委託」といって、管理業務のすべてを管理会社に委託する管理組合が増えているかな。
たとえば、管理業務のなかには「契約を締結する前の区分所有者に対する重要事項の説明」「契約内容を記載した書面の交付」「財産の分別管理」「管理業者についての情報開示」などが含まれるよ。
【新入社員A君】
管理業務のすべてですか!
管理業務主任者って、たいへんな仕事なんですね。
【先輩社員B主任】
管理業務主任者の仕事を理解するうえでは、独占業務についても覚えておく必要があるよ。
【新入社員A君】
「独占業務」って、何ですか?
【先輩社員B主任】
独占業務というのは、その資格を持つ人が独占的に行うことを許された業務のこと。簡単に言ってしまえば、その資格を持つ人だけができる仕事のことだよ。
管理業務主任者の独占業務は「①委託契約に関する重要事項の説明および重要事項説明書への記名押印」「②管理委託契約書への記名押印」「③管理事務の報告」の3つ。
A君も、管理業務主任者になるまでは、この3つの仕事はやってはいけないことになっているので、気をつけてね。
【新入社員A君】
早く管理業務主任者試験に合格して、独占業務ができるように頑張ります!