登場人物紹介

【新入社員A君】
マンション管理会社に今年入社した新入社員。業界のことも実務のことも、わからない事ばかり。そんな中、課長からの指示で、管理業務主任者試験に挑戦することに!

【先輩社員B主任】
新入社員A君の頼れる先輩。管理業務主任者としてバリバリ活躍していて、これから資格取得を目指すA君に対して、さまざまなアドバイスをしてくれます。

業務開始の前に…

【新入社員A君】
試験に合格して、早く管理業務主任者として仕事がしたいです。
【先輩社員B主任】
誰もが、試験合格後すぐに管理業務主任者になれるわけではないんだよ。管理業務主任者になるためには実務経験が必要なんだ。
【新入社員A君】
でも、管理業務主任者試験の受験資格として「実務経験」なんて定めはありませんよね。
【先輩社員B主任】
そうだね。実務経験はもちろん、年齢・性別・学歴・国籍に関する定めも一切ないので、管理業務主任者試験は誰でも受験することができる。
ただし、「管理業務主任者試験の合格者が、国土交通大臣の登録を受けるためには、登録申請時までに実務経験が2年以上必要となります」という定めがあるんだ。
【新入社員A君】
ということは、仮に今年の試験に合格できたとしても、2年以上の実務経験を積むまでは、管理業務主任者として仕事はできないわけですか?
【先輩社員B主任】
いや、そんなことはなくて、「管理業務主任者登録実務講習」を受講すれば、たとえ2年以上の実務経験がなくても、管理業務主任者になることができるんだ。
管理業務主任者登録実務講習というのは、「連続する2日間、おおむね合計15時間の講習及び修了試験」のことだよ。
【新入社員A君】
それを早く言ってください!あやうく今年の受験をあきらめるところでしたよ。
そうそう、肝心なことを聞くのを忘れていました。管理業務主任者の給料って、やはり高いものなのですか?
【先輩社員B主任】
これがたとえば、独立開業できる資格であれば、営業努力次第で高額年収を稼ぐこともできるわけだけど、管理業務主任者はあくまでも社内で活用する資格なので、それほど多く稼げるということもないかな。
【新入社員A君】
そうなんですか。がっかり。
【先輩社員B主任】
ただし、独立開業系の資格はハイリターンであるぶん、ハイリスクであるのも事実。1000万円以上の年収を稼ぐ人がいる一方で、一般的なサラリーマン以下の年収しか稼げない人も多くいるんだ。
その点、会社のなかで活かせる管理業務主任者資格は安定性が高いし、しかもうちの会社の場合、資格手当が付くので、そのぶん給料は確実に上がるよ。
【新入社員A君】
何だか、やる気が湧いてきました。
先輩に教えてもらったことを参考にして、管理業務主任者試験の一発合格を目指します!